コンパで聞いた、女性の包茎に対する嫌悪の気持ち、それを聞いた私は包茎手術を決意。

MENU

コンパきっかけで包茎手術

久しぶりに行ったコンパでのことだった。
5対5というちょっと大目の人数、飲みはじめこそぎこちない空気が漂っていたが、アルコールが入って1時間弱も経つと、本音丸出しのトーク炸裂だ。
10代、20代のコンパならいざ知らず、男女とも平均年齢が30歳を超えている。
婚期を逃しつつあるメンバー、そこは半ばやけっぱちというか、あけっぴろげというか、
下世話な話が中心となる
それにしても、どうして外見にパンチの効いた女性ほど下ネタが好きなのだろう?

 

その日も、「明らかに経験少ないだろ!!」とツッコミたくなる様な女が、私に下ネタを振ってきた。

 

セックスがどうだ、あそこのラブホテルがいいだの悪いだの、さんざん一方的に話してきた後、その女性は包茎について語りだした。
「包茎は嫌い。臭い。」などどオッシャルのである。
体験人数はそれほど多くないと容易に想像されるが、おそらくその数少ない相手が包茎ばかりだったのだろう。
もしかしたら雑誌記事の内容を鵜呑みにして語っていることも考えられる。
コンパ後、その女性と会うことはもう一生無いだろう。
聞き流せばよい内容だったが、ひたすら包茎に対する悪口を聞いていると、自分が包茎であることにひたすら劣等感を覚え始めた。

 

いい意味で、その女性は包茎手術のきっかけを作ってくれたといえる。
あのコンパの日までは、自分の包茎について何も考えたことは無かった
雑誌で選んだクリニックで、コンパから1週間後に手術を受けた。
献血とかに趣味で行くような自分なので、痛みとかも全く気にせず治療を受けた。
簡単な手術だった。これでもう包茎で悩むことは無いと思うと、気が楽になった。

 

今度コンパをやるなら、もうちょっと席取りを考える必要がある。
コンパで要領のいい奴は、さり気なく、あくまで自然に美人の隣席をゲットする。
1時間ごとに席替えするとか、何かしら方法を考えないと、酔っ払うことばかりを考えている自分の横には、これからも残念な方々が座り続けるだろう。
包茎が治った今、その対策の方が大問題だ。