痛みの少なさにこだわって包茎手術のクリニックを選びました。

MENU

痛みの少ない包茎手術

包茎手術を受けて3ヶ月が経った。
もう傷口がふさがり、見た目もきれいに仕上がっている。
未婚だが彼女がおり、セックスライフも堪能している。
だが、手術を受けるまでは非常に迷った。
理由は、私が大の医者嫌い、麻酔嫌いだったことだ
そのため、クリニック選びはとにかく慎重に行った。

 

麻酔についてあれこれ勉強したが、最後に決断の後押しとなったのは、、友人の麻酔科医の一言だった。
電話口で半ばあきれたような口調で言った。
「毎日全身麻酔かけている俺からしたら、そんな麻酔にビビッているお前が信じられんわ。
ホーケー手術で死ぬわけ無いんだから、悩むだけムダ。」と笑いながら言われた。
そして、局所麻酔の云々やら、自分の仕事の大変さ、休みの少なさなど、関係ないことまで語りだした。
詳細まで理解できなかったが、ものすごく小さなことで自分が悩んでいる、ということだけは分かった。

 

残る不安は、無料カウンセリングで全て解決してくれた。
痛みを気にするのは当然ですよ。」と、担当医は言った。
そして、最新式のスプレー式麻酔を併用した2段階麻酔等を丁寧に説明してくれた。
ここまできて引き返す道は無い。手術治療を決断した。
人生で歯医者での奥歯抜歯の麻酔しか経験したことの無い自分にとっては、これでも大変な決断であった。

 

手術中は痛くは無かった。手術後に多少痛んだこと、翌日に思ったより出血したことが予想外だったが、すべて電話で丁寧な指示をいただいた。
手術後に初めて自分のペニスを見たときはかなり驚いた。
多少赤黒くなり、びっしりと縫合糸がまとわりつき、かなり痛々しい外見だった。
手術中、全く痛みを感じず、ここまで切ったり縫ったりしていたのだ。
友人や担当医の言うとおり、麻酔の効果と威力に、ただただ驚くばかりであった。

 

とにかく敏感な部分の手術だ。手術に際し、臆病になるのは当然だと思う。
だからこそ、それに丁寧に説明なり相談してくれるクリニックは、信頼でき、安心できる
自分としては、いいクリニックに巡りあえたと思っている。