包茎のことであれこれ悩んでいる男性、必見。

MENU

イケメンなのに包茎

自分でいうのもなんだが、ルックスがいいほうだ。
自分だけの判断ならただのナルシストだが、あくまで出会う女性や女友達からの評価だ。
凄くイケメン、というわけでもないが、コンパではそれなりに女性の注目を浴びる。
事実として、私だけメルアドやラインIDをを聞かれたりする。
だが、問題は私自身が恋愛に対し消極的なことだ。

 

原因は包茎だ。髪の毛や眉は、自分で手入れできる。
体型だって、ジムで鍛えれば引き締まった身体に出来る。ただし、包茎ばかりは努力だけではなかなか治らない。
自分で皮を剥くことを頻繁にやっていたけど、気づくとすぐに元の状態に戻る。
仮に女性とお付き合いしてエッチの段階で、包茎は笑われてしまうのではないか。最悪、嫌われてしまうのでないか。

 

そんなことばかり考えてるうちに、大学4年生となった。
言い寄ってくる女性は多いのに、結果童貞のままだ。危機感を覚えて、測量のバイトで貯めたお金を使って、包茎手術をした。

 

クリニックに行って拍子抜けした。手術までするのだから、大きな施設だと思っていたけど、街中のビルのワンフロアだけがそのクリニックだった。
院長は妙に明るい人で、包茎以外にも童貞の悩みについて相談に乗ってくれた。
「もったいないことしたなあ。言い寄ってくる女の子がいたら、気にせずエッチしちゃえばよかったのに。」と院長は言ったが、今更しょうがない。
ペニスを簡単に診察した後、「じゃあ手術するよー」という間の抜けた声とともに手術が始まった。

 

手術中はほとんど痛みを感じなかった。
手術を終え、治療費を払い、少しほっとした気持ちで近くのラーメン屋で味噌ラーメンを食べた。
その時、麻酔が切れたのか、少しづつペニスが痛み出した。
下半身を気にしながら食べる味噌ラーメンは旨くなかったけど、痛みを感じたのはそれだけだった。

 

大学生活はあと6ヶ月しか残っていない。
もう下半身のことで気にすることは無いので、先週メルアドを交換できた女の子3人と、メールのやり取りを頻繁にしている。
就職活動の合間を縫って、そのうちの誰かとデートまでこぎつけたいと思う。
大学生のうちには、なんとか童貞卒業したい。
思い切って包茎手術してよかった。初エッチの時は近い。楽しみだ。