自分はどのタイプの包茎なんだろう?包茎の種類によってなにが変わるのでしょうか?

MENU

包茎の種類

包茎にも様々な種類があります。
夜な夜な近所の銭湯に出没し、こっそり他人のペニス観察をしている管理人は、知識と経験により包茎の種類を熟知しています。

 

包茎は大きく「真性包茎」と「仮性包茎」に分けることができます。

 

かつて完璧な「真性包茎」だった人間として、ここでその違いを解説します。

 

真性包茎
勃起時、通常時、いずれも亀頭を露出できない包茎のことです。
残念なことに、手術以外に有効な治療法はありません。
調べていてドキッとしましたが、とある本で、真性包茎の原因について、次のように書かれていました。
「幼児期、皮の伸びやすい時期に、勃起しすぎということがあると、真性包茎になりやすい」というような記事の内容…
言われて見れば思い当たるフシがありました。
確かにマセたお子さんではあったが、まさかそれが原因で、大人になって包茎で悩むとは思いもしませんでした。早熟なのも考えものです。

 

仮性包茎
通常時は亀頭を皮が覆ってはいるが、手で剥けば簡単に亀頭が露出できる包茎のことを言います。
症状としては軽い部類に入り、急いで手術をする必要もありませんが、常に亀頭の一部が皮で覆われている分、清潔に保つ努力が必要となります。
亀頭を洗う際、管理人はよくシャワーを使いました。
シャワーの水量を多くし、亀頭にこびりついた汚れを水流の力を持って洗い流します。
薄く膜状にこびりついた汚れが剥がれ、少しづつ流されていく様は、見ているだけで気持ちが良かったのを思い出します。

 

カントン包茎
無理をすれば皮をむくことができるが、包皮口が狭く、亀頭の下を締めつけてしまう状態です。
この包茎の説明イラストは、どの画像や図を見ても首が締め付けられているかのようなペニスが描かれており、非常に痛々しく感じます。
このケースでも、できれば手術による治療を受けるほうが良いとされています。

 

また余談ではありますが、
昔のDVDではありますが、「内村プロデュース」が好きで、よく見ています。
その中のワンコーナー、全裸で行う「だるまさんが転んだ」ゲームでの一コマで…
ウッチャンの「だるまさんが転んだ!!」の一言で動きを止めるメンバーの中、さまぁ~ずの大竹さんが呟きました。

 

「内村さん、早く次の号令を・・・。丸まっちゃうから・・・。元に戻っちゃう・・・。」
背中を丸め、股間を隠しながらしゃべる大竹さんの姿に爆笑しました。

 

撮影だからと、無理をして一時的に剥いていたのでしょう。彼もまた、包茎に悩む男の一人だったようです。